ミカルディスで悩み解決

ミカルディスの効き目はどれくらいか

ミカルディスは、血圧を下げる薬である、降圧剤の中でAngiotensinII Receptor Blocker(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)、通称ARBと言われる種類の薬になります。
このARBの主要な効果としては血圧を下げるというものが挙げられますが、これ以外にも、臓器が傷つく事の内容にする臓器保護機能であり、一錠飲むだけで、多くの体にいい効果が期待できるので、とても頼りになる薬です。
そんなARBの一つであるミカルディスは、ARBの特徴である、血圧を下げる効果と、臓器を保護する作用、に加え、尿酸値や血糖値も下げる効果をもっているので、高血圧と一緒に糖尿病も患っている方には特に向いている薬と言えるでしょう。
このミカルディスですが、効果の持続時間がどのくらいなのでしょうか。
ミカルディスには20mgのものと40mgのもの、80mgのものの三タイプの錠剤があるのですが、成人であれば、まず20mgから試しに初めて見て、問題が無いようであれば、40mgに増やし、効き目がちゃんと出ているようであれば、基本的にこの40mgの錠剤を使用し続けることになります。
一日1錠の服用で24時間効果が継続するので、明け方や夜中に血圧が上がりやすい傾向がある方にとっても安心してしようできる薬と言えるでしょう。
ただし、ミカルディスも薬なので、副作用というものが存在します。
ミカルディスの副作用として報告されているものはめまいや低血圧、頭痛などの軽度の者から、腎機能・肝機能障害などのような重篤なものもありますが、きちんと用法・用量を守っていれば重篤な副作用が起きる可能性はほとんどなく、副作用の発生率もだいた6%とされています。

ミカルディスと糖尿病

ミカルディスは降圧剤として投与する医薬品であり、一般名をサルタンと言います。
降圧剤と言うのは血圧を下げる作用を持つ医薬品で、高血圧症の患者さんに投与することで血圧を正常な状態に維持させることが出来るようになります。
塩分が多い食事を続けている事で血圧が高くなり、高血圧症と言う診断が下される事も在れば、食事自体は気を付けていても遺伝などにより高血圧症と言った診断が下される事もあるなど、血圧が高い事で様々な病気の合併症などが生じる事からも注意が必要です。
尚、ミカルディスは蛋白尿を減少させる作用が在ると言う事が研究の中で解明されており、高血圧症と言うのは糖尿病との合併症により心筋梗塞や脳梗塞と言った恐ろしい疾患の原因にも繋がると言われています。
更に、高血圧症の患者さんは糖尿病性腎症を進行させてしまうリスクが在るなどの理由から、血圧を標準値にキープさせることが重要で在り、糖尿病患者の中でも高血圧症の症状を持つ場合にはミカルディスが処方されるケースが多いと言います。
因みに、糖尿病と言うのは血液中のブドウ糖の濃度が上昇したままで下がらない病気です。
正常な人の場合でも食事をすることで血液中のブドウ糖の濃度は上昇しますが、この場合インスリンの分泌により食後2時間を経過することで空腹時のレベルでもある110mgdl以下に下がるのですが、糖尿病の症状を持つ人と言うのは、インスリンの分泌が低下していたり、インスリン抵抗性などが在り、血糖値が高い状態になると言った特徴が在ります。
また、血糖値が高い状態になるので高血圧症などの合併症を生じやすくなるなど、糖尿病と高血圧症の両者の治療が必要になると言う事です。

ミカルディスの肝臓への影響

高血圧症の患者には血圧を下げる薬が必要で、その作用機序によって様々な種類から必要な薬を選択されます。
カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、αβ遮断薬、利尿薬などが存在し、これらをひとまとめにして降圧剤と呼びます。
その中であって、テルミサルタンを有効成分とし、血圧を上げる物質を選択的に阻害するミカルディスは「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」と呼ばれ、略称でARBと言われています。
アンジオテンシンIIは受容体に結合することでアルドステロンと呼ばれる血液量を増やす物質が分泌され、血管を収縮させて全体的に血圧上昇を起こします。
高血圧症の患者はこうした作用によって血圧が上昇したままになるのですが、ミカルディスを服用することで受容体に先に取り付いて、アンジオテンシンIIが結合するのを阻害する働きをします。
その結果、アルドステロンが分泌されず、血管が収縮されないことで血圧上昇を抑えることができるようになります。
このミカルディスは特殊な排泄経路を持ち、服用してから薬効が出たあとの半減期に、ほぼ全ての成分が肝臓から胆汁と一緒に便として排泄されるようになります。
一般的な薬は腎臓から排泄を行ったり、肝臓で代謝を受けるようになっているのですが、ミカルディスは毒素となる薬剤の解毒を行わずに排泄するため、肝臓に強い負担をかけることがありません。
また、腎臓への負担もないので腎臓から排泄される薬が利用できない患者でも使うことができます。
ただし、胆汁の分泌が必要不可欠になっているので、元から重い肝臓病を患っていたり、高カリウム血症や腎臓病、胆汁の分泌が極めて悪い人などはこの限りではなく、ミカルディスの使用が制限されることがあります。
◆尿として水分を体の外にすっきり出して、体全体の水分量を調節して血圧を通常値に!
ラシックスですっきりしよう